×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

若ハゲの原因を解消する

最近若い10代、20代の人にもハゲが増えている原因の1つとして、不規則な生活というものが挙げられます。基本的に意識の中にハゲ対策がないのですが、最近髪が薄くなってきたな!等思い当たる方は今後の生活態度に注意した方が賢明でしょう。若ハゲ対策なんて全く考えることもなく、朝まで飲み明かしたり栄養のかたよった食事をしたり、過度の飲酒や喫煙などを繰り返してしまう若い人は、それだけで若ハゲ予備軍です。

当たり前の事ですが、若ハゲ対策は早いうちから始めたほうが進行は遅くなります。今の不規則な生活を改めることによって、若ハゲの進行を遅らせることが出来ます。なってからではストレスも加速度的に増加しますし、ハゲ対策グッズといわれるブラシや育毛剤、リーブ21等金銭的にも多大な負担がかかります。まずは自分の生活を振り返ってみることが大切です。

若ハゲ対策では睡眠不足は禁物です。睡眠不足になると体の新陳代謝が悪くなり体全体に栄養が行き渡らなくなります。命にかかわる体に栄養が行き渡らなくなると、本来なら髪に行き渡るはずの栄養分までも体のほうにとられてしまうので、必然的に若ハゲが進行することになります。若ハゲ対策を真剣に考えるのなら、夜9時頃には布団に入ることを心がけ理想としては8時間の睡眠をとりましょう。これは極端ですが、実際頭皮チェックの事例では睡眠不足の方はハゲる確率は高いですし、病院での抜け毛治療でも睡眠不足解消を促されるようです。

髪の血行が悪くなると髪の成長が妨げられますが、通常眠りが深くなるだろう時間に起きていることによって、アドレナリンが多量に分泌されて血管の流れが悪くなり、髪に栄養が行き渡らなくなることで結果的に若ハゲを進行させてしまうのです。まずは自分の体の健康状態を良くすることで、若ハゲの対策にもなりますから、心身ともに健康な生活をするように心がけたいものです。



安易な育毛剤使用は危険です

若ハゲ対策としてまず思い浮かべるのはCMなどで良く目につく育毛剤ではないでしょうか。若ハゲ、薄毛改善、増毛体験等のフレーズが頭に浮かびます。若ハゲ対策に育毛剤をつかってみるのもいいのですが、育毛剤にはいくつかの種類があり、自分の髪に合った育毛剤を選ばないと逆効果になるので注意が必要です。育毛剤の種類には、男性ホルモンの過剰分泌を抑えるタイプのものや、毛根に栄養を与えるタイプのもの、皮脂の過剰分泌を防ぐタイプのものなど、一言で若ハゲ対策のための育毛剤といってもこれだけの種類があるので、まずは、自分の髪の状態を知ることが大切です。前兆や薄毛の程度、頭皮チェックといった事を専門家に相談し発毛促進の対策を練る必要があるでしょう。

若ハゲ対策として、育毛剤を購入する際に「有名だから」といった安易な理由で選ぶと、逆に若ハゲを進行させてしまう恐れもあるので購入前にアドバイスを受けるのもリスクを回避させる手段の1つです。若ハゲ対策に育毛剤を使用するときは、副作用のことも頭にいれておく必要があるでしょう。

若ハゲ対策に有効といわれる育毛剤ですが、中には頭皮がかぶれてしまったという報告や、べたっとした感触の育毛剤を使ったために余計に若ハゲが目だってしまったというケースもあります。CMや雑誌を見るだけでは、そんな失敗例は紹介されません、しかし自分の髪ですから失敗したくないですよね。だから安易育毛剤を色々試す事は止めましょう。一応薬剤ですから・・・効果は必ず良い方向になるとは限らないという事実を理解しておくべきです。

育毛剤だけに頼るのではなく、日々の食生活の改善、不規則な生活の見直し、シャンプーのやり方、マッサージなど日々出来ることから若ハゲ対策をしてみることをおすすめします。

若ハゲ対策としてのストレス解消の重要性

ハゲ対策という意味では、ハゲの原因をなくし予防する事が大切ですね。中でもストレスは若ハゲの天敵になるので、日々の生活で上手にストレスを解消していくことが大切です。最近の若い人というのは、自分のストレスをうまく外に吐き出すことが苦手なことが多く、自分でも気づかないうちに若ハゲにまで進行するほどのストレスを抱えたりしてしまうようです。

こうしたストレスを解消してあげることが、若ハゲ対策にはとても有効だということを理解しておきましょう。ストレスにも肉体的なものと精神的なものがありますが、精神的ストレスは本人が気づかないうちに溜まっていくものですから、日々の中でリラックスできる時間を持つことが若ハゲ対策につながります。若ハゲ対策としてのリラックス方法として、好きな音楽を聴いたりするのは良いです。クラシックとかでなく、サザンや宇多田ヒカル、浜崎あゆみ等リラックスして楽しめる音楽が良いでしょう。また外の景色を見ながらゆったりと歩くでも良し、山や海にドライブしたり小旅行を楽しんだりといった、自分がホッとする時間や空間を持つことが必要です。

若ハゲ対策にストレスが天敵だという理由は、人はストレスを受けるとアドレナリンが多量に分泌され、頭皮が固くなり髪の成長を妨げてしまうからです。又、血管の収縮や栄養失調といった状態を引き起こすために、髪が薄くなったり抜け毛になったりするので、ストレスはハゲ対策にとって禁物というわけです。例えばリストラ等で無職になった方は結構深いストレスを抱えますので早急なストレス解消が必要ですね。